セメントプラントを支えるエンジニアリング技術・ノウハウ

太平洋エンジニアリングの仕事

私たちは主にセメントを作る各種プラント設備のエンジニアリング技術・ノウハウを提供する会社です。
セメント製造の各工程より、弊社がどのような仕事に携わっているかご覧ください。

採掘工程

セメント主原料である石灰石を採掘するための鉱山開発計画。
石灰石を粉砕する破砕機、破砕された石灰石を運ぶベルトコンベアの設計、据付などの総合エンジニリングを行っています。

原料工程

粉砕された石灰石は工場でその他の材料と混ぜ合わせ、さらに細かく砕かれます。
弊社は細かく砕く粉砕機の選定、設計業務を行っています。

焼成工程

セメント製造には原料を高温で焼成する工程が必要です。
原料工程で粉砕された粉は「ロータリーキルン」という回転窯で焼かれ「クリンカ」と呼ばれるセメントのもととなる石のかたまりができます。
弊社は焼成工程のコンサルティング、総合エンジニアリングを行っています。

仕上工程

焼成工程で作られた「クリンカ」を粉砕機で細かく砕き粉にし、分級機でふるいにかけ、冷却設備「セメントクーラ」で一気に冷却します。
弊社は粉砕機、分級機、冷却機の選定、設計等を行っています。

出荷工程

製品供給所(サービスステーション)ではセメントを貯蔵するサイロの設計・据付。
セメントを運搬するセメント輸送船の荷役設備に係るエンジニリング業務など幅広く携わっています。